チラシ

余裕を持って頼みましょう

フライヤー印刷を最初に業者に依頼するときは、なるべく時間的な余裕を持つようにすると落ち着いて作業を進められます。そうして慣れてくると印刷の仕方や納期などへの理解も深まるので、より手軽にフライヤー印刷を頼めるようになるはずです。

印刷機

上手に業者の力を借りる

フライヤー印刷を印刷業者に依頼すると、仕上がりの良さ、コストの安さというメリットがあります。また印刷業者によっては、作成についても協力してもらうことも可能です。同時に、イラストの使用についても詳しく教えてもらうことができ、イラストの著作権者とのトラブルを未然に防ぐこともできるのです。

広告

単価を調べよう

フライヤー印刷は業者によって単価が異なります。対応の良さも違うので、いろいろと調べて比較してみましょう。単価は大量発注によって安くなることもあります。また、枚数も決めておきましょう。最低発注数が決められていることもあります。

CMYK

印刷の依頼をする

フライヤー印刷は手コストで特殊加工などを行うことができて人気となっています。フライヤー印刷はパンフレット作成などで活用されることが多いです。デザインもテンプレートを活用して簡単に決めることができます。

印刷物

専門業者に任せましょう

フライヤー印刷を行うのであれば、企業内で行うよりも業者に任せるのが良い選択と言えます。トータルコストを抑える事にもつながりますし、フライヤー印刷自体のクオリティーも上げる事が出来ます。まずは色々な業者に相談してみましょう。

効率的な広告のために

色見本

チラシとの違いとは

広告媒体としてフライヤーというものがあります。これは元々飛行機からばら撒かれるビラやチラシのことを指し、元の英単語を訳すとチラシが最も近い意味になります。しかしながら、現代日本の印刷会社においてはチラシ印刷とフライヤー印刷は分けられていることが多いです。これはそれぞれ別の目的で使用されるため、それに合わせて印刷形式が明確に別れているからです。簡単に言ってしまえば、チラシのように配るものではなく、店頭に置くなど、お客様に取ってもらう形式の紙の広告が、主にフライヤーとなります。お客様に手に取って、持ち帰ってもらうことが目的のため、フライヤー印刷にはチラシよりも小さく、紙質も上質で厚みのある紙が多く選択されます。また、目を惹くことが重要となる為、情報量よりも見た目が重視されます。画像や写真などの配置、高級感などが意識されたデザインのものが多いです。より良いものが作成できれば、チラシとはまた違った広告効果を出すことが期待できるでしょう。フライヤー印刷の方法については、チラシ印刷と大きな違いはありません。上述したデザインや紙の選び方の違いを理解し、形式を変えればフライヤー印刷は可能となります。ただ、大量に印刷する際はコストの面から見ても業者に依頼するのが無難でしょう。最近は技術革新によって印刷の依頼についてはより手軽に行えるものとなっています。完成した原稿データさえあればネットを介して依頼し、プロ仕様の上質な紙質のフライヤーを大量に素早く確保することが可能でしょう。今まで紙媒体の広告はチラシしか取り扱っていなかったという場合には、フライヤー作成の検討をしてみてはいかがでしょうか。あるいは売上の向上など、より良い業績に繋がるチャンスがあるかもしれません。

Copyright© 2018 宣伝効果を得るフライヤー印刷【取ってもらう形式の紙の広告】 All Rights Reserved.